出会い系で女を飯に誘って断られた体験談、ここから粘って逆転できる?

出会い系で知り合った女の子をご飯に誘ったとき、

「今週はダメなの」

一大決心の末にデートに誘ったところ、ケンもほろろのこのひと言。
そんな出会い系体験談はありませんか?

これって、デートを受け付けない明らかなフキゲン状態なんだろうか?

いや、そこであきらめるのは、まだ早い。

彼女のスケジュール云々の前に、生理などの理由で本当に体調が悪いのかもしれない。

このとき、「何日まではダメだけど何日からはOK」と代案を出してくれば脈アリ。

でも一緒にメシ食うぐらいのことを断られたら、もうあきらめた方がいいのか?

いや、それも実は不機嫌ではないんです。

食事NGには、ダイエット中だからという理由もあるかもしれないし、「アナタといきなり食事はヘビーすぎる」という意思表示かもしれない。

そこで、
「ならお茶でも」と誘って食い下がりましょう。
出会い系で会う女に遠慮なんていりません。
出会えなければただの他人です。

相手の負担を軽くしてハードルを低くしてあげる。
そうすれば、女の子の不機嫌は回避できますから。

さすがにダイエット中ってのは、ポジティブすぎる考えだと思うんすけど。

でも確かに、いきなりサシでメシっていうのはイヤ、っていう女火もいますしね。

では、コレを言われたら確実に不機嫌だとわかるワードとはどういったモノか?

私の出会い系の体験談で恐縮ですが、

今週もダメ、来週もダメ、再来週もダメ

これは明らかに脈がないので撤退するべき。
3回続けてのNOは、不機嫌ではなく、脈ナシです。

ただし先ほども言いましたが出会い系の女に遠慮は不要。
2回ではなく3回までは粘りましょう。

断られた場合でも、
「何か悩みでもあるの?』と相談に乗る形に持ち込めば、
「じゃあメシでも食いながら」
となる可能性だってあるんですよ。

デートしたい!ではなく、「キミをサポートしてあげたい」

このスタンスでのぞめば、女性の不機嫌は撤去できます。

また、極論すれば女性は物事を、忙しいかどうかよりカワイイかどうかで判断する生き物。

常に理論より感情で接してあげることも大事です。

彼女の不機嫌を見抜く。

これだけ聞くと、なにか女にお伺いを立てるだけの弱腰の口説き術と思いきや、実はそのサインを読んだ上でガッツリと粘り腰で、そしてポジティブに攻めていこうというけ口説きテクだ。

出会い系 体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です